「未分類」カテゴリーアーカイブ

国際結婚でも大丈夫!ネットビジネスで収入を得よう

国際結婚をしようとした時、収入が不安だということで両親から反対を受けた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。確かに、日本でのキャリアを諦めて海外に引っ越しをしなければいけない場合など、収入がなくなることに対して不安を覚えることもありますし、海外で働けるのかと不安になりますよね。しかし、そのような人にこそオススメなのがネットビジネスです。海外在住でも問題のないネットビジネスについて紹介していきます。

◆日本で使える口座があれば基本的に問題ない
海外在住という事は外国で働くということになりますが、ネットビジネスで日本の企業から給料をもらうのであれば、日本国内の口座が必要になります。そのため、海外在住でネットビジネスをしたいと思うのであれば、日本国内の口座を用意しておきましょう。多くの人はすでに日本在住のうちに作ってあるはずですので、それを維持しておけば大丈夫です。

◆サーバーに注意が必要
ウェブサイトにもよりますが、例えばワードプレスなどを利用する場合、海外からアクセスできないこともあります。これは海外からのハッキングを防ぐためのセキュリティーに関係しており、そのために特殊な設定をしなければ海外からのアクセスができません。もしもこのような仕事を受けるのであれば、海外に住んでいるということを伝えた上で海外在住でも問題のないサーバーを利用してもらう必要があります。自分でワードプレスを利用するのであれば、海外在住でも利用できるサーバーを事前に見つけておくと良いでしょう。

◆確定申告について
海外在住でも、確定申告が気になりますよね。基本的に、海外在住ならば確定申告は必要ありません。仕事にもよりますが、海外在住の場合、つまり転出届を出していて日本に住民票がないのであれば、税金の支払い義務は日本在住者と大きく異なります。たとえ日本の企業から受けた収入であったとしても、その労働が海外で行われた場合は国内源泉にならず、確定申告の対象になりません。その一方で、削減等が発生して1つの作品にあたり、定期的に収入が入るなどという場合は事情が異なることもありますので、税務署などに確認をした方が良いでしょう。また、海外在住の場合は源泉徴収も必要ありません。源泉徴収された場合、住んでいる国に収入を申告して余分な税金を返してもらうことも可能ですが、少なからず源泉徴収という形で所得税の支払いが終了しますので、確定申告は必要がないのです。しかし、ビジネスによって異なりますので確認が必要な場合は税務署に質問してください。