預金商品より仮想通貨で積み立てる

銀行にお金を預けている方々は、金利が気になっている事があります。預金商品の金利は、必ずしも高めではないからです。ですから多くの方々は、仮想通貨という金融商品に注目しています。銀行預金というより、その通貨の口座の方が良いという声も多いです。

預金ではなく仮想通貨でお金を増やす

銀行の預金商品の金利は、商品によって異なります。少なくとも普通預金の金利は、あまり高めではありません。年利0.1%を下回ってしまう普通預金の商品も多いです。定期預金の商品であれば、適用される金利は若干高めになるものの、それでも0.1%以下になっているケースが多いです。
年間0.1%前後では、なかなか資産を増やすこともできません。ですから資産運用を検討している方々は、よく仮想通貨に着目している訳です。仮想通貨は、値動きは若干大きいです。その代わり高めな利益も期待できるので、仮想通貨での積み立てを検討している方も少なくありません。

積み立て商品の金利のデメリット

お金をコツコツと増やしていきたい時は、積み立てという商品も一応あります。毎月決まった金額で口座にお金を入金していき、少しずつ増やしていく訳です。例えば毎月2万円ずつ入金し続けていけば、1年間で24万円になるでしょう。積み立て商品によっては、自動的に引き落としされるシステムもあります。
ただ預金関連の積み立て商品の場合は、そこまで金利は高めではありません。上述のように、0.1%以下になってしまうケースも多々ありますから、必ずしも効率的にお金を増やせるとは限りません。

値動きが大きい仮想通貨で積み立てる

そこで仮想通貨を活用していく訳です。といっても仮想通貨の場合は、自動引き落としのサービスは完備されていないケースも多いです。自動引き落としというより、手動で通貨の口座に入金していく事になります。
ただ仮想通貨の場合は、かなり値動きは大きいです。そもそも預金商品の適用金利が低めになる理由は、円という通貨はあまり動かないからです。日本円で預けている限りは、収益額も限定されてしまう傾向があります。それに対して仮想通貨は、比較的よく動きます。時には、レートの10%相当の値動きが発生する事もありますから、大きな利益が生じる事もあるのです。
ただ動きが大きいという事は、それだけリスクも高めになります。ですから仮想通貨で積み立てする時は、リスク対策も施しておくのが望ましいです。ただ、しっかりリスク対策を施しておけば、預金商品よりはお金を増やしやすいという声も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です